こんにちは、「リハビリデイ大和田」施設長の有本です。
まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、夜は虫の声がチラホラと聞こえる季節になってきました。
今日はその虫の声についてです。

この虫の鳴き声を「虫の声」として認識しているのは、世界中で日本人とポリネシア人だけで、外国人は「虫の声」が聴こえないそうです。
日本人は言語脳(左脳)で聴き、西洋人は音楽脳(右脳)で聴くそうです。つまり、日本人は「虫の音」を「虫の声」として聞いていて、西洋人は機械音や雑音と同様に音楽脳で聴いているそうです。
「波」「風」「雨の音」「小川のせせらぎ」も上記の理由で同等のことが言えるそうです。

驚きですね。