こんにちは。むらいちです。
早いものでもう6月ですね。
ついこの前年越しだったような…

6月の異名といえば『水無月』
梅雨の時期ですが水のない月と表現されるんだ~と思うことが1度はあるのではないでしょうか。
調べたところ、水無月の「無」は連帯助詞になるので「の」にあたるそうです。
つまり水無月は『水の月』という意味みたいですね。
この時期は田植え後、田んぼに水を張る必要があるということで水の月、『水無月』と呼ばれるようになったようです。
なんとなく聞いたことある異名、調べてみるといろいろな意味があり面白いですね!

ちなみに個人的ですが、6月は誕生日があるのでちょっとだけワクワクする1か月です!
誕生日は時の記念日と一緒です。ぜひいつなのか調べてみてください。(笑)
また一つ大人になった私もどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)(笑)